« 10年夏の旅② 上高地 | トップページ | 社長はいい人なんだけれど »

2010/09/25

彼岸まで

このところ、我ながら良く働いている。

先日の三連休も、箱根にある会社の研修施設で重役たちと経営合宿。朝から夜中まで会議漬けで、二泊もしたのにゆったりと温泉浸かる時間もなかった。そんなわけで、普段頭の中は企業秘の仕事のことだらけで、浮かんだことがブログに書けない。

だからと言って、一心不乱に働いているわけでもなく、結構ひとり遊びに嵌まっている。そうして必然的に、お気楽お遊び報告ブログになってきていて、日々の重苦しい思いとは少しかけ離れていってしまっているかも。

手帳をめくって、夏休み明けから彼岸までのお遊びリスト。

・結果的につかこうへい追悼公演となってしまった「広島に原爆を落とす日」。落とす日だよ。やっぱり、つかこうへいは凄い。

・「地球交響曲第七番」。グレッグ・レモンの「死とは永遠(エターナル)」という言葉が心に残った。

・はとバス一日観光「東京などころ旅日記」。皇居前広場、NHK、明治神宮、東京タワー。おのぼりさん気分で再認識。

・英国ロイヤルオペラ「マノン」。天井桟敷でも1万9千円。えっちらおっちら5階まで上がって世界のネトレプコを堪能。

・この間にベイスターズ観戦、ドーム1回、神宮2回。1勝2敗。

R0012545_2 R0012493_2 R0012575 R0012725 R0012756_2 R0012746

彼岸には、妻の墓参り。

「今度は愛妻家」をレンタル鑑賞したせいで、少しおセンチ。

最近「勤謹和緩」という言葉を学んだ。出典は「小学」。勤勉に、謙虚に(謹んで)、周りとの和を大事に、そして焦らず急がす緩やかに、生きていこうという座右の銘。

そんな生き方を心掛けていれば、妻も誇らしく思ってくれるだろうか。
こんなお遊び三昧でも。

|

« 10年夏の旅② 上高地 | トップページ | 社長はいい人なんだけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸まで:

» メンズエステ [メンズエステで簡単に痩せた?]
エステサロンで働きたい人へメッセージ [続きを読む]

受信: 2010/10/05 11:00

« 10年夏の旅② 上高地 | トップページ | 社長はいい人なんだけれど »