2011/09/11

マクドで目覚める

ブログを長らくご無沙汰しているが、相変わらず仕事中心にバタバタと時に流され、特に深い悩みもなくお気楽に暮らしているのだが、

今朝、あることが切っ掛けで、ふと、これからの人生が妙に寂しく感じられ、不安になった。

いやいやと首を振り、どうせ息子たちは朝寝坊だからと、朝刊片手に散歩がてらマクドナルドに行ってきた。

いつものソーセージマフィンをパクつき、新聞を読む。3.11からちょうど半年ということもあってか、結構深い記事が多く、脳の中をいろいろな風が渡った。

そうだ、残る人生、姿勢を正して、魂を高めるだけだ。
寂しいか、寂しくないか。  そんなのカンケイねぇ。

なんかちょっと吹っ切れた。アイスコーヒーをぐぐっと飲んで、目線を上げたら、どこかにその思いを残しておきたくなった。

そうだとするとここしかない。さびしんぼに自ら鞭打つ痩我慢ブログに置いておこう。

充電が終わったかどうかわからないが、また書きだすかもしれない。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/01/09

今年の誓い 2011

昨年を振り返ると、

仕事では、あしかけ3年間関わってきた関西某所の共同プラントが操業し、ひとつの区切りがついた。最初は広大な更地だったところに、大きな建物群が出来て、副知事だの市長だのが列席して開所式を行った時は感無量であった。

卓球では、8年目にして○○区の大会に出場し、対外戦デビューを果たした。他の卓球クラブと試合をすることで、井の中の蛙は大海を知り、仲間の蛙同士は連帯感でより一層仲良くなった。試合の度に飲むので、ますます仲良くなった。

定年後のセカンドライフに向けた研修を受けたせいもあり、先のことを考えようと、少し目線が上がったような一年だった。

さて、去年の誓い。

「掃除を頑張る」
「素直になってみる」

振り返ってみると、例年になく、年頭の誓いに影響された年だった気がする。

掃除については、実行はそこそこだったが、意外と自分は好きなんだと気づいた。ここだけの話、定年後は清掃の仕事に就いてもいいかなと思い始めたくらいだ。中国古典の「小学」に、掃除は人間を創る一番の基本だと書いてあることも知った。清潔に対して不感症になると、汚い行為を平気でやる人間になってしまうという。そして、掃除は素直な心を育てるともいう。

さて、その素直の方。うっかり使ってしまった素直という言葉は、相当奥深いというのが実感だ。自分に素直というのは我がままと紙一重だし、結局、人の好意を素直に感じ、素直に受取とろうと心掛けた。セカンドライフに向けて友達を大切にしよう、そんな思いが高まった。

素直に生きる、穏やかに生きる、慎んで生きる。いずれにしても、妙に生き方について、興味を持った年だった。

そして、今年。

最近、よく働き、よく遊び、よく学び、よく考えるのだけれど、どうもどれも直線的過ぎて、ゆとりがないような気がする。振り返ると、いつの間にか縁遠くなってしまっていることに、いくつか気がついた。その復活を今年の誓いにしよう。

「散歩する」
「空想する」

いつから散歩をしなくなったんだろうか。以前血圧計を買った時に、小さな万歩計も買って、歩く機会を増やしてきた。それでもそれは、隣の駅まで歩くとか、みな目的地を持ったウォキーングであって、気ままな散歩とはちょっと違っている。子供も育って、一人の時間も増えてきそうだから、あてのないブラリ散歩に出かけてみようかと思う。

空想。こちらも、あまりしないことに気付いた。プロ野球選手になったり、気になる女の子とデートをしたりと、子供の頃はもちろん、大人になっても、仕事の大金星や、偶然の巡り合いなど、けっこう空想していたはずだが、最近は現実的な想像ばかりで、つまらない年寄りになってきている気がする。もっと弾けた中年になりたいと、誓ってみることにする。

セカンド人生に向けての、ハンドルの遊びみたいなものか、この二つの誓い。

R0013456

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/02

迎春

新年明けましておめでとうございます

懲りぬご訪問、こころより感謝いたします
本年もどうぞよろしく

R0013446

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«今年の3冊